奥日光湯元温泉 湯元ヒルサイドイン(2017.9.24 宿泊)

0

    この日は、改造ほやほやの日光東照宮を観光して大感動しました。

     


     

    奥日光湯元温泉のペンション風ホテルの湯元ヒルサイドインさんで宿泊です。

    ペンションは、こだわりの強いオーナーの、何と無く上から目線の接客が多くて、余り好みでは無いのですが、ヒルサイドインさんは、とても感じの良いオーナーでした。建物もお洒落で、夕食も朝食ももとっても美味しかったです。

     

     
     

    湯元温泉は、含硫黄 カルシウム・ナトリウムー硫酸塩・炭酸水素塩温泉で、とっても複雑な成分の温泉です。

    泉温は71度と高いので、湯元温泉の多くは、加水しているそうですが、ヒルサイドインさんは、源泉にこだわり、湯の注水量で調節し、加水していないそうです。複雑な成分な為に湯は複雑な緑色で、香りは、上品な硫黄臭です。成分総計は、1.440咾板磴、何時までも入っていられそうな、温泉です。

     

     
     

    周辺の観光をオーナーに尋ねたら、奥日光3大滝について詳しく教えていただき特に湯滝がすごいと聞き、翌日観光して本当に感動しました。

     

      
     

    とても良い、ペンションでしたが、今年の10月末で営業が終了するそうで、残念です。

     

    温泉評価は、私が、4 点 女房が、3.5点でした。

     

    温泉評価の基準

     1点・・・温泉であることが確認できる。

    〜2点・・・温泉の個性が確認できる。

    〜3点・・・原則循環及び塩素による消毒をしていなくて温泉の個性を楽しめる。

    〜4点・・・当該温泉の個性が大好きで、他の同泉質の温泉に比べて秀でている。

    〜5点・・・温泉の個性が大好きなだけでなく、ロケーションその他の付随要素も大好きな温泉。

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM