東京 グルメの旅1 日本一のラーメン店 麦苗さん

0

    2017.10.20.11.25 MONEMADE RAMEN 麦苗

    広島空港発9時10分 羽田着10時30分のJALに乗って、羽田から一目散で、京浜急行本線「大森海岸」駅より、徒歩7分の『麦苗』さんを目指しました。到着が開店5分前の11時25分です。『麦苗』さんは、食べログ全国ラーメンランキングで第2位ですが、1位がつけ麺が看板の店なので、汁ラーメンでは、第1位ということです。

    もっと早く着きたかったのですが、東京に不慣れな田舎者ドタバタ老夫婦は、この到着時刻が精一杯です。

    でも、日頃のパワースポット巡りのご利益か、行列順位は10番目で、店の席数が9席なので、2巡目のトップで入店できます。

     

    待つ事25分で入店できました。

    メニューは、醤油ラーメンと煮干ラーメンです。

    醤油ラーメンは、丸鳥、鶏がら、昆布、鰹節、煮干、昆布と醤油のスープで煮干ラーメンは、煮干が主で、僅かに昆布と鶏スープだけだそうです。

    トッピングの方法が色々あり、素ラーメンは、それぞれ780円で、特製になると990円です。

    素ラーメンは、トッピングがチャーシュー2枚、海苔1枚、ネギ、メンマで、特製は、味玉半分、海老肉ワンタン、肉が2倍、海苔3枚です。

    私が醤油ラーメン特製、女房が素の煮干ラーメンを注文しました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    12時00分日本1のラーメン登場です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    さすが、日本1 見ただけで感動です。

    醤油ラーメンの黄金色のスープは、こだわり抜いた素材から、手間暇かけて拵えただけあって、抜群にピュアーで、包み込まれるようなコクが有ります。

    煮干ラーメンのスープは、やや薄く、上品な煮干の味と香りのが、口から鼻の奥を支配します。

    麺は、中太のストレート麺。腰がありモチモチです。

    豚のチャーシューだけでなく鶏のチャーシューもとろける美味しさです。

    エビのワンタンもぷりぷりです。

    本当に究極のラーメンです。

    CPも抜群です。

     

     


     

     

    間違いなく究極のラーメンですが、店を出たら女房が、「東洋軒の方が私は好き」と言いました。『東洋軒』は、私たち夫婦が、月の半分を女房の親の面倒を見るために暮らしている、小倉北区の老舗のラーメン屋です。

    麺もチャーシューもネギに至るまで、間違いなく麦苗さんの方が数段上です。でも、店を出てからも、口から鼻、胃袋まで後を引くスープの美味さは、確かに小倉の『東洋軒』や『ラーメン力』、また、広島の『ザ・ラーメン』や今は閉店した『すずめ』さん等の古くからの名店の方が、上のような気がします。

    単にスープの材料の問題ではなく、久留米ラーメン系の豚骨スープの人気店、『金田家』や『黒門』でもピュアーでコクのある素晴らしいスープですが、老舗の名店のような、後に引く、懐かしい美味しさに包まれることなく、食べ終われば、それでおしまい感が有ります。

    ラーメンは、やっぱりとても奥が深くて、興味が尽きない世界です。

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM