鹿児島県 紫尾温泉 「しび荘」

0

    2017.11.19

    今日は、鹿児島で開催の九州大骨董祭2日目で、人生2度目の骨董市出店が、終了しました。

    慣れないことだらけで、会主さん初め、周りの親切な出店者の皆さんに助けられながらも、ぐったりです。

    本当に疲れ切りました。初日は、意外にも予想を上回る販売額でしたが、今日は、全く売れず、そのショックもあります。

    早く、今日の宿泊温泉「しび荘」の名湯に浸かり、疲れを取りたいです。

    ところが、電話番号でナビを設定した処に到着すると、街灯もない田んぼ道で案内が終了し、「しび荘」さんに

    電話で案内してもらっても、土地勘が全くないので、要領を得ません。

    疲れとイライラが頂点に達しそうな時、ようやく到着しました。

    遅く着いたのに、親切な旅館の女将さんが、ゆっくり温泉に浸かってから、夕食で良いですよと

    言って頂いたので、とにかく温泉です。

     

    宿泊棟から、趣のある渡り廊下を経て、温泉棟に向かいます。

    紫尾温泉は、1500年前に空覚上人により創建されたと伝えられる「紫尾神社」の拝殿の下に源泉があるそうです。

    しび荘には41度と52度の温度の異なる2つの自噴する温泉があります。

    細長いコンクリートの浴槽には、41度のぬるめの湯で、小判型の浴槽は、51度の熱めの湯です。

    アルカリ性単純硫黄泉泉です。

    成分表には、無色透明と表記してありますが、メタケイ酸が、57.4售淪しているせいか湯は、透明な薄緑色です。

    硫黄の香りにほんのりと包まれ、アルカリ泉特有のヌルヌル、ツルツルの湯です。

    酸性硫黄泉のゴツゴツ感とは対照の優しい湯です。

    優しい湯に浸かっていると、骨董市で客に見放され、ナビの案内にも見放され、イライラして女房にも見放されて、老いた自分の行く先に広がっていた暗黒の雲が少しづつ晴れていくような安堵感に包まれます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    旅館料理には、うんざりしている昨今ですが、上品に調理された地元の産品を中心にした夕食も、満足でした。

    翌朝、7時半から入れる、貸し切りの露天風呂に入りました。

    同じ、厳選の湯で温度は、低かったですが、やはり露天の解放感が有り、ゆっくり味わい満足でした。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    温泉評価は、私も女房も 4点でした。

     

     

     

    温泉評価の基準

     1点・・・温泉であることが確認できる。

    〜2点・・・温泉の個性が確認できる。

    〜3点・・・原則循環及び塩素による消毒をしていなくて温泉の個性を楽しめる。

    〜4点・・・当該温泉の個性が大好きで、他の同泉質の温泉に比べて秀でている。

    〜5点・・・温泉の個性が大好きなだけでなく、ロケーションその他の付随要素も大好きな温泉。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM